子宝相談|くすりの薬師堂

くすりの薬師堂 熊本市 アトピー 蓄膿 喘息 便秘 生理痛 肩こり相談
あなたが輝ける明日へ。健康へとつながる明日へ。本気で頑張るあなたを薬師堂は応援します。

子宝相談

親や親せき、近所の人に「子供はまだなの?」と聞かれ、とても心が傷つき、人と会うのも嫌になるような、大変つらい思いをされてきた方も多くいらっしゃると思います。
実は、私たち夫婦も同じような思いをしてきたので、その気持ちがよ~くわかるのです。私たちは、日常生活を見直し、漢方薬、自然薬を約2年間飲んで、やっと子宝に恵まれました。自然妊娠で生まれたのです。苦労したかいもあって、五体満足のかわいい赤ちゃんが生まれ、とても感動しました。私が39歳、妻が38歳の時でした。

もしご縁があるならば、同じつらい気持ちをしてきた方々と、一緒に原因を考え、体質を変えていき、子宝に恵まれ、同じ感動を分かち合っていきたいと思っています。

医学が進歩しているにもかかわらず、不妊で悩む方が増えてきているのはなぜでしょう?

戦時中など、昔は5人兄弟、8人兄弟など当たり前のようにいました。今は昔に比べ、医療の技術はとても進歩しています。にもかかわらず、不妊で悩まれている方が、年々増加しているのはなぜでしょうか?そこにはやはり、日常生活や食生活の大きな変化、目には見えない環境ホルモン、食品添加物の増加、冷蔵庫、冷房、自動販売機の増加による低体温、身体の冷えなど、まだまだ多くの原因により、子宝が授かりにくい環境におかれていることを十分に理解して頂きたいと思います。

あなたの体、子宮の環境を見直してみては?

今の医学を否定するつもりは全くありません。しかし、1回の人工授精で妊娠される方がいらっしゃる一方、人工授精を何回しても妊娠されない方もいらっしゃるのが現実です。やはりそこには、「子宮の環境」が大きく影響していると思うのです。

たとえば、昔、有明海ではたくさんのアサリ貝が取れていたそうです。しかし、今ではアサリ貝がとても少なくなってしまっています。私のような素人考えでは、「小さなアサリをたくさんそこにまいたら増えるのではないか?」と考えますよね。しかし、今は昔に比べ、砂浜の環境が悪くなってしまっているせいか、アサリをまいても大きく育ってくれず、増えてくれないそうです。

これは、人工授精と子宮との関係と似ているのではないでしょうか?人工授精を何回しても妊娠しない、また流産を繰り返してしまう方は、今、子宮が赤ちゃん(受精卵)を育てる環境にない、準備が出来ていない、のかもしれません。だから、子宮の環境を整え、赤ちゃんが授かりやすい体づくり、子宮づくりをしていけば、子宝に恵まれる確率がグンとあがるのではないか?と思うのです。

今、病院ではくわしい検査があり、いろいろな最先端の技術があります。しかし、その治療を受ける体のほうは、ただ、「赤ちゃんを育てる環境がまだ整っていない」という単純な理由で、子宝に恵まれていない方が多いのかもしれません。

今までの生活が、今の体質をつくっている

簡単な質問をします。
私たちの体は何から出来ているでしょう?・・・
細胞?たんぱく質?・・・
いいえ、毎日口にする食べ物から皮膚、髪、内蔵、血管、細胞のひとつひとつまで全てがつくられているのです。

つまり、私たちの体質は、これからの食べ物や生活で、全く変わっていきます。人はそれぞれ生活が違います。食べ物も違います。今のなにげない生活が、実は赤ちゃんが授かりにくい体質をつくっているのかもしれません。ですから、ただ「赤ちゃんができる漢方薬を下さい」と言われても、その方その方で漢方薬も、生活の注意も違うので、お答えしようがありません。また、「飲みさえすればいい」ということでもありません。あくまでも、本人が自分の体質をかえていく努力をして頂く事が第一条件です。

不妊でお悩みの方は、次のような方が多いようです。

◆冷え症、低体温(慢性頭痛、体温が36,4ないなど)

◆胃腸の弱い方(便秘、下痢、食欲不振など)

◆栄養のバランスが悪い(疲れやすい、風邪をひきやすいなど)

◆ホルモンのバランスが悪い(生理痛、生理不順など)

冷えや低体温のある方は、子宮や卵巣の働きが弱くなりやすく、子宮内膜も薄い方が多いようです。1年中、冷暖房が常にある生活をしていると、自分で体温を調節出来なくなります。また、食べ物の種類によっては、体を冷やしてしまうものもあるのです。冷えを改善する体づくりがとても重要です。

胃腸の弱い方は子宮も弱く、赤ちゃんが授かりにくいようです。どこにでも自動販売機があり、いつでも冷たいものが飲める。また、ストレスが多い現代人は胃腸が弱くなりがちです。胃腸が弱くならないよう心がけをし、胃腸を強くしていく体質改善が必要です。

食べ物がスーパーやコンビニでいつでも買える現代、つい好きな物ばかり食べてしまい、栄養のバランスが崩れている方が多いようです。現代人は野菜の摂取量が極端に悪く、栄養のバランスが大きく崩れています。また、栄養素が足りないと、受精卵の細胞分裂がスムーズに起こらず、流産の原因にもなってしまいます。食事で摂れない栄養素は、食事以外から補っていかなければなりません。

生理痛、生理不順はホルモンバランが崩れている証拠です。安易に痛み止めで痛みをごまかしたり、人工のホルモン剤で生理を起こしたりするだけでは体質はかわりません。卵巣や子宮の働きを正常に戻していくための、体づくりが大切であると思います。

また一人は授かったが、次のお子さんが授からないご夫婦も増えています。年齢とともにホルモンバランスが崩れやすくなります。年齢が高くなればなるほど特に体づくりは大切です。
欠点のない完璧な人はだれもいません。人それぞれ、どこかが弱かったり、悪かったりしています。体質は、ひとりひとり全然違うのです。つまり、対処法も漢方薬も違ってきます。まずは、お話をじっくり聞かせて頂き、その上で、その方にあった漢方薬、自然薬、養生法で、妊娠しやすい体づくりのお手伝いをしていこうと思っています。

「お電話」でのご相談

お急ぎの方は、メールよりも「お電話での相談」をお勧めします。メールよりも情報交換量が多いため、今後の対策法について早くお伝えすることができます。
*ご予約の方との「電話相談中」の際には、お電話がつながりにくいことがありますので、大変お手数ですが、何度かおかけ直し下さい。また、「店内での相談中」の場合には、必ず折り返しお電話させていただきますのでご了承下さい。

受付電話番号 096-373-0209
相談受付 【平日】10:00~19:00
【土】 10:00~18:00
【日】 10:00~17:00
定休日:木曜日、祝日
「店舗」での直接相談

直接、店舗内でのご相談が最もオススメです。詳しく、分かりやすく、的確にお話させていただきます。
*店内での「相談中」にご来店いただくと、すぐにお話ができずに、ご迷惑をおかけしますので、まずは「ご予約」のお電話をお願いします。

受付電話番号 096-373-0209
相談受付 【平日】10:00~19:00
【土】 10:00~18:00
【日】 10:00~17:00
定休日:木曜日、祝日

くすりの薬師堂

住所 熊本市中央区九品寺4-1-23
TEL 096-373-0209
FAX 096-373-0210
E-mail yakushido@uma.bbiq.jp
くすりの薬師堂
熊本市中央区九品寺4-1-23
096-373-0209